幼児教育(知育)

2歳からの勉強習慣!効果を感じた【市販のドリル】おすすめを紹介

2歳からの勉強習慣!市販のドリルおすすめTOP

幼児教育分野も低年齢化が加速し、「早期から勉強の習慣を付けさせたい!」と思う保護者の方も多いようです。

2歳以降になると市販のドリルやワークブックも選択肢が増えてくるので、「おすすめは何かなぁ?」と気になるところですよね。

2歳から始めるドリルは…

  • ドリル開始前の準備が大事
  • 教材の特徴や難易度を把握しよう
  • 親のサポートが不可欠
  • ドリルができなくても良い
  • 子供を勉強嫌いにさせないこと!

我が家では娘が1歳の頃から、遊び感覚でワークブックに取り組んでいました。そのせいか、一見勉強要素の濃いドリルでも抵抗を感じることなく、むしろ楽しんでいるようです。

りんママ
りんママ
ゲームをクリアするように喜びながら、エンドレスでやりたがってしまい…(笑)
我が家で活躍している市販のドリル

コピーして何度も取り組めるように工夫はしつつも、娘のペースに合わせて準備していたら、相当な数のドリルやワークブックを集めてしまいました。

そこで今回は、実際に取り組んだ市販の教材の中から、やりがいや効果を感じられたおすすめのドリル・ワークブックを厳選して紹介したいと思います。

運筆ドリルはいつから?2歳から始めるおすすめの教材TOP
運筆ドリルはいつから?2歳から始めた娘のおすすめ教材と進めかた運筆力を養う練習はいつから始めるべきでしょうか?2歳から本格的に運筆ワークを始めた娘を例に、楽しく進める方法やおすすめの文具・ドリル・ワーク・プリントなどについて写真盛り沢山で紹介します。...
2歳から始めたはさみ練習とおすすめドリルTOP
2歳から始めた【はさみ練習】とおすすめドリル!遊びながら訓練しよう2歳から「はさみ」の練習を始めて、楽しく遊びながら手先の器用さを育てましょう。おすすめの子供用はさみや、ドリル・ワークブックなどをまとめました。実際に使ってみて本当に良かったものを厳選して紹介します。...
七田式のドリルとプリントの違いTOP
七田式のドリルとプリントの違いは?おすすめはどっち?特徴と体験談七田式のドリルもプリントも人気の家庭教材ですが、どのような違いがあるのでしょうか?どちらも使用した経験から、それぞれの特徴や魅力などを紹介します。...

2歳向け!市販ドリルの選び方

年少以降になると、書店に並ぶ市販のドリルが一気に増える印象ですが、2~3歳を対象としたものもネットを含めて探せば意外と多く存在します。

ただし、対象年齢が「2~3歳」と記載されていても、難易度や問題の傾向は様々です。まずは子供が楽しく取り組めるかどうか、相性を見極めることが大切だと思います。

子供に適したドリルを選ぶ

我が家のお気に入りドリル

くもんや七田式・学研・Z会・こぐま会・出口式など、教育界で有名な教室や出版社が様々な教材を販売しています。

ドリル選びのポイント:

  • 教育方針や目的に賛同できるか
  • 試してみたいと興味がわくか
  • 内容や難易度は子供に合っているか
  • 就学前の基礎教育か小受対策か

たとえば算数なら、

→ 数をこなして計算力を鍛える?
まずは楽しく、数観念を育成する?

そして国語なら、

→ 基礎となる平仮名から読み書きを学ぶ?
→ 幼児期から積極的に漢字に触れさせる?

など、提唱されるメソッドによって学習の進行方法に大きな違いが見られることもあります。

数を学ぶ知育教材

ですので、「しっかり選んでから無駄なく購入したい」「子供を混乱させたくない」という場合には、それぞれの関連ページなどで事前に確かめてみた方がいいでしょう。

りんママ
りんママ
とはいえ、ドリルは1冊ずつ購入できるコスパの良い教材なので…
りんママ
りんママ
あまり深く考えず、お試しのつもりで子供の反応を見るというのが一番かもしれませんが!

また、楽しく続けるためには難易度の低いものからスモールステップで取り組むことも大切です。

子供は少しでも難しく感じるとドリル嫌いになってしまう可能性が高いので、小さな感動と達成感を味わえるように、「簡単すぎるかも?」くらいのものを用意した方がスムーズに進みます。

ドリルの特徴・成果を理解する

テーマが豊富な七田式のドリル

ドリルといっても、鉛筆(クレヨン)不要なものも含め、様々なタイトルが並んでいます。

勉強系のドリルばかり注目されがちですが、迷路やはさみ・工作なども運筆力や思考力の強化に良い影響を与えます。

りんママ
りんママ
娘は勉強系ドリルと工作系ドリルを交互に行っています♪

テイストの違うドリルや遊び心満載のワークブックも取り入れることは良い気分転換にもなりますし、「ドリルって楽しい!」と思えるような良きアイテムになっていると実感します。

2~3歳におすすめ!市販の知育ドリル

娘は外遊びや絵本と同じようにドリルワークブックが大好きで、毎日のように「ドリル!ドリル!」と要望してくるので、気が付けばたくさん購入してしまいました。

親として冷静に考えれば、正直いつまで続くか分かりませんし、無理に続けるつもりもありません。

ドリルに取り組む娘の様子

ただ、せっかく取り組むなら「効果ややりがいがあるものを!」と思い、調べているうちにドリルマニアのようになってしまいました。

そこで、実際に購入したものの中から「これはおすすめ!」と思った教材を厳選して紹介したいと思います。

「こぐま会・幼児ワーク」シリーズ

こぐま会のドリルと教材

小学受験で有名なこぐま会の幼児ワークです。

我が家は小受の予定はありませんが、以下のような『KUNOメソッド』に共感を覚え、こぐま会の通信教育(モコモコゼミ)まで受講しています。

  • 事物教育や対話教育を積極的
  • 読み・書き・計算の前に考える力
  • 早期教育ではなく基礎体験の積み上げ

こぐま会の教材は親のサポートをより必要とするので、その分大変に感じることもあるかもしれませんが、言葉(聞く力・話す力)や生活に関する多面的な知識をしっかり身に付けることができます。

りんママ
りんママ
日本語の習得を大事にしながら、早期英語教育も頑張りたい!という家庭にも合っていると思います。

また、こぐま会の教材は小学受験にも対応できるため、年中以降は難易度が高くなることで有名ですが、2~3歳向けのドリルはあくまで導入編なので、無理なく学べるものばかりです。

こぐま会のワークは、親がしっかりサポートしながら絵本を読み聞かせるように何度も復習することが大切です。

それをコツコツと実践していけば、極端に背伸びすることなく、自然に力を身に付けることができると思います。

モコモコゼミプレコースの評判と感想TOP
モコモコゼミ【プレコース】は難しい?評判の真偽と実際に受講中の感想モコモコゼミの2~3歳を対象としたプレコースを受講中の感想をブログで紹介。評判通り難しい?積み重ねれば確実に実力がつく質の高い内容に満足しています。...

「出口式・みらい学習ドリル」シリーズ

出口式の市販ドリル

出口式みらい学習教室のメソッドを、家庭でも実践できる学習ドリルです。

2歳から始められるドリルは文字が書けない子供でも楽しく取り組めるよう、クレヨンやシールを使いながら言葉の理解を促していきます。

  • 発達段階に応じた言葉のトレーニング
  • スモールステップ方式で無理なく楽しく
  • 読書や小学校入学前に必要な土台作りを

出口式も、まずは言葉の力を伸ばすことに重点を置いていて、幼児期から論理的思考力を養うことを目標としています。

こぐま会の幼児ワークと同様に、親の語りかけによって話を聞く力を育て、絵本を楽しむように問題に取り組める点が魅力的です。

また、「幼児は平仮名よりも漢字の方に興味を持ちやすい」というのは娘にとっても例外ではないようで、『絵で覚える漢字』シリーズも大好きですね。他社の教材にはないタイプで、新鮮味のある面白いドリルです。

りんママ
りんママ
「その①」は売り切れになっていることが多く、なかなか手に入りませんが…

「七田式・知力ドリル」シリーズ

七田式の市販ドリル

幼児教育の世界では圧倒的な知名度を誇る七田式教室ですが、市販のドリルも人気ですね!

七田式・知力ドリルシリーズは対象年齢が同じ2~3歳でも、くもんや学研のドリルより難易度が高く、凝った問題が多いという印象があります。その分、しっかりこなすことができれば、確実に実力が身につくと思います。

りんママ
りんママ
中でも「そうぞう」や「みぎのう」が面白かったです♪

ある程度ドリルに慣れていて、子供が「もっとやりたい!」という状態であれば、是非ともおすすめしたい教材です。

また、10ヶ月分のプリントがセットになった七田式プリントA~Dは、ドリルよりもコスパが良く、計画的に取り組めることで高い支持を集めています。

七田式のドリルとプリントの違いTOP
七田式のドリルとプリントの違いは?おすすめはどっち?特徴と体験談七田式のドリルもプリントも人気の家庭教材ですが、どのような違いがあるのでしょうか?どちらも使用した経験から、それぞれの特徴や魅力などを紹介します。...

「知研・右脳+左脳ドリル」シリーズ

育脳系の市販ドリル

その他、ゲーム感覚で取り組める「育脳系」のドリルも面白いですね!

クボタメソッドの「育脳ドリル①」は、1歳後半からでも楽しめました。運筆練習を始める前から学べますし、他社の勉強系ドリルを購入するまでのウォーミングアップとしても良いかもしれません。

りんママ
りんママ
外出先でも活躍したので、3周くらいはしましたね(笑)

また、IQテストで有名な知能研究所のドリルは、小受対策としても人気があるようです。

受験の予定がなくても、良質な問題がバランス良く含まれていますし、子供にとっては面白く感じる設問が多いようです。

りんママ
りんママ
娘が一番気に入っているドリルです!

幼児教室で実施される「IQ検査」対策としても評判の教材ですね。総仕上げとして挑戦してみるのもいいと思います。

その他のドリル

幼児向け漢字ドリル

くもん出版にしては珍しいタイプのドリルだな…と思って購入したのが、「創造性を育てるドリル~漢字博士~」シリーズです。

もともと絵探しや間違い探しが大好きな娘。漢字に興味を持った時に、これだ!と思って取り寄せてみましたが、大正解でした。

また、鉛筆不要のドリルは外出先などで活躍します。子供はシールが大好きなので、一般的な学習ドリルよりも熱心に取り組んでくれますね!

シールが楽しいドリル

中でもくもん出版「えんぴつがいらない」シリーズは、図形や数字・平仮名を効率良く学べるので、七田式ドリルを始める前の良い土台となりました。

対象年齢は3歳以降とされていますが、内容的には2歳でも無理なく取り組めると思います。隙間時間の有効活用におすすめですね!

2歳には早い?ドリルができない時の対処法

2~3歳の場合、「ドリルができない」「ドリルをやりたがらない」と悩む保護者の方も多いようですが、むしろこの時期は、無理にやらせる必要はないと思います。

同じ年齢でも月齢によって能力に差はありますし(2歳1ヶ月と2歳11ヶ月では全然違います!)、焦る必要はありません。

子供が自然と楽しめるようになるまで、知育遊びなどを通して土台を作る方が大切ではないでしょうか。

りんママ
りんママ
とはいえ、何か良い解決策はないかな?と思う方もいますよね…

そこで、娘の気分が乗らなかった時に試してみたことを以下にまとめてみました。

ドリルの難易度を落とす

初心者向けドリル

低年齢の子供の場合、「できた喜び」を繰り返し味わうことがモチベーションにつながると思います。そのため、教材の対象年齢や目安にとらわれず、思い切って難易度を下げてみることをおすすめします。

親子で楽しめる易しいワーク

上のドリルは2歳向けでも易しく、手遊びや運動も含まれていているので親子遊びの一環として取り組むには最適です。

りんママ
りんママ
タイトルに「ママ」が含まれていますが、我が家ではパパが担当しました!(笑)

あるいは、年齢を下げて1歳向けのワークブックを試してみるのもおすすめです。数は少ないですが、こちらも知育遊びの延長として基礎を築ける内容となっています。

1歳でもできる知育ドリルTOP
1歳向けドリル&ワークブックのおすすめは?楽しく土台作りをしよう1歳でもできる!親子で気軽に取り組める家庭用教材(ドリル・ワーク)について紹介します。「子供と一緒に知育を始めたいけれど、何から始めたらいいのか分からない」という方にも。...

そして、「いきなりドリルは難しそう!」という場合は、プリント素材を無料でダウンロードできるサイトもたくさんあるので、まずはそちらで練習してみるのもいいでしょう。

ドリルを始める前の下準備

子供の反応を確かめることもできますし、苦手分野を選択して印刷し、繰り返し復習・強化する上でも役立ちます。

娘の場合はそれらを活用し、運筆力を十分につけてから市販のドリルを本格的に始めました。

直線や〇を書けるようになっていなければ、ドリルによっては無駄になってしまうこともあります。学習を効率良く進めるためには、事前の準備が大切ですね!

運筆ドリルはいつから?2歳から始めるおすすめの教材TOP
運筆ドリルはいつから?2歳から始めた娘のおすすめ教材と進めかた運筆力を養う練習はいつから始めるべきでしょうか?2歳から本格的に運筆ワークを始めた娘を例に、楽しく進める方法やおすすめの文具・ドリル・ワーク・プリントなどについて写真盛り沢山で紹介します。...

興味のあるキャラクターを活用する

娘が好きなキャラクターのドリル

ディズニーやアンパンマンなど、子供が好きなキャラクターのドリルを探してみるのもいいですね。勉強とは思わず、知育玩具のように夢中になってくれるかもしれません。

娘の場合はペネロペがお気に入りなので、ペネロペの育脳ドリルを見つけた時には大喜びでした!

ペネロペの知育絵本のおすすめは?TOP
ペネロペの知育絵本が楽しい!おすすめのしかけ絵本と知育グッズを紹介人気キャラクター「ペネロペ」のおすすめ絵本や知育教材・知育玩具などを紹介します。海外の雰囲気を感じられるしかけ絵本や、楽しく学べるドリル・DVDなども!...

タイミングやペースを見極める

こぐま会のドリルに取り組む娘

2歳の場合、数をこなすことや正解することよりも、机に向かう時間を楽しいと思えることの方が大切だと思います。

ですので、たとえ間違えてしまっても、とにかく頑張ったことを褒めてあげましょう!

りんママ
りんママ
1ページ取り組めたら、「ご褒美シール」をあげるというのも効果的です♪

シールが付いていないドリルも多いので、100均などでまとめ買いしておくと便利です。シール用の台紙は無料でダウンロードすることも可能です。

それでもなかなか興味を持ってくれなかったら、数日休んでみたり、決まった時間にこだわらずに機嫌の良いタイミングを見計らってドリルを出してみましょう。

くもんジグソーパズル口コミTOP
くもんのジグソーパズル【口コミ】ステップ1〜2は何歳から始めた?長年人気の知育玩具、くもんのジグソーパズルは何歳から始めるべきでしょうか?レベルや対象年齢、口コミやパズルを楽しく進める方法についてまとめました。「パズルができない」「難しい」というお子さんへのヒントにも?...

計画的に進めたいなら通信教育も!

市販のドリルは1,000円未満で購入できるものが多く、ハズレを恐れずに「とりあえず試せる」という利点もありますが、学習習慣がついてきたら通信教育の方がコスパが良い場合もあります。

りんママ
りんママ
カリキュラムに沿って計画的に進められるというメリットも!

多くは「無料体験」が可能なので、気になる方は取り寄せてみるといいでしょう。

2歳で受講できる通信教育

モコモコゼミに取り組む娘

2歳で受講できる通信教育は、以下の通りです。

我が家は前述の通り、「言葉の理解を大切にしながらスモールステップで確実に実力を身に付ける」こぐま会のメソッドに賛同しているので、1歳から継続してモコモコゼミを受講しています。

モコモコゼミプレコースの評判と感想TOP
モコモコゼミ【プレコース】は難しい?評判の真偽と実際に受講中の感想モコモコゼミの2~3歳を対象としたプレコースを受講中の感想をブログで紹介。評判通り難しい?積み重ねれば確実に実力がつく質の高い内容に満足しています。...

年少以降になると、書店に並ぶドリルの数もそれまでとは比較にならないほど増えてきます。また、問題の難易度が上がるにつれて、それにかかる時間も長くなるので、一日に取り組めるページ数も少なくなっていくでしょう。

それを考えると、低年齢の間に色々なドリルを試してみて、子供に合ったメソッドを探しておくというのも大切なことかもしれません。

七田式のドリルシリーズ

2~3歳のドリル学習は、親子のコミュニケーションを大切にしながらとにかく楽しむことが第一です。背伸びをせず、遊び感覚でこつこつと積み重ねていきたいですね!

ピグマリオン2才児のさんすうの効果TOP
ピグマリオン【新2才児のさんすうセット】の効果は?娘の成長ブログ算数を楽しく学び始めたい!そんな家庭に人気のピグマリオンの教材「2才児のさんすう」ですが、その効果とは?実際に取り組んでみた感想と娘の成長をまとめました。...
運筆ドリルはいつから?2歳から始めるおすすめの教材TOP
運筆ドリルはいつから?2歳から始めた娘のおすすめ教材と進めかた運筆力を養う練習はいつから始めるべきでしょうか?2歳から本格的に運筆ワークを始めた娘を例に、楽しく進める方法やおすすめの文具・ドリル・ワーク・プリントなどについて写真盛り沢山で紹介します。...
七田式のドリルとプリントの違いTOP
七田式のドリルとプリントの違いは?おすすめはどっち?特徴と体験談七田式のドリルもプリントも人気の家庭教材ですが、どのような違いがあるのでしょうか?どちらも使用した経験から、それぞれの特徴や魅力などを紹介します。...
ご近所英語圏運営
りんママ
プロフィールアイコン
2姉妹の母。某国立大学卒。海外留学・海外勤務経験あり。帰国後も仕事で世界各国を飛び回る。英語とドイツ語が得意。読み書きだけならラテン語も。初級レベルならフランス語も。出産を機に仕事をセーブし、家庭を優先。育児をしながら、「両親は純日本人&インターに通わなくてもバイリンガルになれる方法」を研究中。家庭内の会話は99%日本語。絵本の読み聞かせもCD・音声ペン(ネイティブ音声)頼り。母国語の基盤は大切に、おうち英語を始める。ひそかな目標は、トリリンガル育児。
ブログはこちら

おうち英語ブログリンク

\楽天ROOMでお気に入り教材を紹介/